質問、相談、広告、執筆依頼などのお問い合わせは
swing_trader@cancer.livedoor.com
までお願いします。


背景(就職活動相談室).JPG
mixiのコミュニティ開設しました!
就活マッピング☆就職活動相談室

2007年01月22日

■OB訪問について(第1弾)【礼節をもって行う】

人気blogランキングへ


今回はOB訪問の疑問に答えたいと思います。




Q: OB訪問はしたほうがいいのでしょうか?

 またどうやってしたらよいのでしょうか?



A: 基本的にはしたほうがいいです。

  ホームページや人事の人からは聞けない、

  現場の生の声を聞くことができ、

  将来の自分の働く姿をイメージできる可能性が高いです。

  サークルや研究室の先輩のつてを頼るのが一般的ですが、

  直接人事に連絡してできる場合もあります。




したほうがいいとは分かっていても、

意外と後回しになってしまうOB訪問。




しかし、OB訪問で得られることは大きいです。




私は大学時代のサークルのつてと、

企業の人事からの紹介でOB訪問をしました。

また、OBではないですが、

最終面接前に社員を紹介して頂き、

お話を伺うこともありました。



他にも、就職課の名簿から電話をかける方法や、

友人のつてをたどる方法など、

いろいろな手段があります。



OB訪問を頼まれて、

断る人はいるかもしれません。

しかし、礼節をもって連絡すれば、

頼まれて嫌な人はあまりいません。




さてOB訪問の効能ですが、

まず、社員と話すことによって自分のモチベーションがあがり、

その会社に対する理解が深まります。



HPや人事から公表されていることは

極力調べてから望み、

今、どんな仕事をしているのか、

職場環境はどうなっているのか、

どんなことにやりがいを感じているかなど、

その人にしか聞けない情報を聞きましょう。



企業研究をしていると、

どうしてもHPや就職四季報の情報だけだと限界があるので、

生の情報は大いに刺激になります。




そして、OB訪問したことは、

志望理由の1つに加えることができます。

「御社の社員の方にOB訪問をさせて頂いたのですが、

 ○○という点が印象に残り、志望に至りました。」




最後に、最低限のマナーですが、

相手の会社のことはできる限り調べてから行きましょう。

基本的なことは押さえていかないと、

深い話ができずに、ただの会社紹介で終わってしまいます。



調べた上で話していることが分かれば、

相手も乗り気になって喋ってくれます。

相手の立場に立ったOB訪問をしてみましょうね。


人気blogランキングへ

グッド(上向き矢印)就職活動相談室(就活アドバイスブログ)TOPに戻る



posted by シーラカンス at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 就活全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。